愛犬のしつけ

愛犬のしつけマニュアル

犬のしつけ

愛犬をしつける

初めて犬がやってきたら、まずはしつけですね。もちろん最適な時期は子犬の時です。
子犬と言うと、まだお母さんが恋しくて、飼い主もついつい甘やかしたくなってしまうもの。しかしそういう時からしっかりしつけをしておけば、飼い主、子犬ともお互いに暮らしやすくなります

 

それだけに子犬をしつけるときには色々な工夫が必要ですね。一番重要になるポイントは、甘やかさないということ、しつけをするときに子犬だからできなくて当然と言う考えを捨てて、きちんとしつけてあげることが大切になります。

 

また、子犬に教えることで大切なことは飼い主との主従関係を教えることですね。例えば、おもちゃを犬と飼い主で取り合いをして飼い主が勝つとかして、誰がリーダーであるかをきちんと教えてあげることです。

 

犬のしつけ

どのタイミングで躾るのか

まず環境に慣れさせることがポイントになります。最初のうちは多少戸惑うかもしれませんがすぐに人間がいる環境に慣れるようになります。人間に飼われる以上、まわりに人間がいる生活というのに慣れさせる必要が出てきます。

 

ワクチンが終わっていないと散歩などはできませんから、そういう場合は飼い主が抱っこなどして外に連れ出し、車の音を聞かせたり家の周りの音を聞かせたりするなどして、家以外の世界を子犬に見せてあげることも必要なことです。こうやって少しづつ人間社会に慣れさせてあげましょう。

 

人間の子供と一緒で、しつけをするのに一番いい時期は、頭も柔らかい子犬のときです。何でも吸収していきますから、生後3〜12週目くらいの時期にしつけを行うのが最も覚えてくれるようですね。

 

また、このしつけを覚えやすい時期というのは、自分と他のものを区別してくる時期でもあります。そういう時期にしつけをすることによって、これが当たり前のことなんだと子犬に認識させることが可能となります。それにより、より社会性を持ちリーダー(飼い主)の言うことを聞く犬に育てることが可能となります。

犬のしつけ